2015年04月17日

社員親睦会!わかたけ会@長島温泉

社員親睦会!わかたけ会@長島温泉 こんにちは^^
唯一の女性メンバー、営業の田鹿です。
今回のブログは、3月末に行われた親睦会について書きたいと思います!

タケダでは、福利厚生の1つである"わかたけ会 "なるものが存在します。

わかたけ会とは・・・
社員の結婚や出産などのお祝い事を、会社をあげて祝福しよう!
という思いのもと、社員の積立金から対象者にお祝い金を贈ったり、

社内の親交を深めるべく、年1回の親睦会を開催したり、、、

社員のことを考えた、社員のための"会"です(^^)


さて、今年のわかたけ会・親睦会の行先は上に写真が有りましたが
そう、三重県桑名市にある、ナガシマリゾート!
宿泊先は長島温泉、ホテルガーデンオリーブです。
ホテルガーデンオリーブ Webサイト


愛知県民歴もうすぐ7年目。
プールとアウトレットは何度か行ったことはありましたが、
長島温泉は初めて行きました\(*^0^*)/
(ちなみに私は新潟出身です)

18:00~長島温泉にて宴会開始の予定でしたので、それまでは自由時間♪
温泉に入ったり、遊園地に行ったり。
私はアウトレットでお買い物をしていました(^^)

宴会では、おいしいご飯と一緒にお酒を飲んだり、
抽選会で盛り上がったり…(今回の目玉は ipad や ノートPCでした!)

社員親睦会!わかたけ会@長島温泉 普段あまり話さない方ともお話できて、とても楽しい時間でした(*^^*)

宴会の後は、二次会!
カラオケです。
社長とデュエット!
とても盛上りました!

社員親睦会!わかたけ会@長島温泉 そしてほろよい気分のまま、就寝 zzz. . .

翌朝の朝食はバイキング!これまたおいしかった~( >ω< )!!

そんなこんなで、お土産を購入し、長島温泉とお別れしました。

いや~、美味しいもの食べて、温泉入ってリラックスして、ゆっくりできて
とても楽しい旅行でした~\(*^0^*)/

ちなみに昨年は南知多の旅館で宴会でした。
例年はボーリング大会などもあったと聞いています。

来年の親睦会はどうなるかな~??わくわく(*^^*)


2015年03月30日

設備搬入の裏側

皆さんこんにちは。
今回はメンバー内で唯一の製造部所属、梶原がお送りします。

さてそんな僕から一つ、皆さん設備搬入ってどうやってるか知ってます?
具体的に何をしているの?について詳しい人の方が少ないんじゃないか?
そう思い、何年か前の設備搬入の時の写真や業者さんに教えてもらったメモが残っていたので今回は設備搬入の裏側について少しご紹介をしようと思います!
既存設備を少しでも移動させる場合も、同様の作業になります。
ほとんどの作業は業者さんにお願いしている内容です。
小さな設備に関してのみ、社内でやったこともあります。


・どうやって運んでるの?

これは設備の重さによりけりで、約45トンの力が出る小型プレスはフォークリフトで直に運べるみたいです。
それ以上の大きさの設備になると、リフトでは運べなくなってしまうので、プレスを地面から少し浮かせ、リフトで「引っ張る」ことで動かしています。
プレスは大変背が高く、重心が高い位置にあります。運ぶ際には慎重な作業となります・・・。

設備搬入の裏側 写真のプレスに「150」と書いてある部分がそのプレス機の工程能力を指しています。
この写真のプレス機なら約150トンの工程能力を備えています。
プレス機本体の重さは工程能力のおよそ10分の1だそうです。

因みに床面が油を吸ってしまっていると、リフトのタイヤが滑って上手く運べなくなってしまうようです。
(※タケダはそうならないよう、床面については日々掃除します。)

・移動したあとは?特別なことはしてるのか?

プレス機というのはまっすぐ立っていなければ加工した際、寸法が入らなかったりなどのトラブルが発生します。
そもそも見た目的にも悪いですね。
少しでも移動した際には必ずこういった、地面に対してプレスを平行にする作業が行われます。
これが所謂「芯出し作業」です。

この芯出し作業、実は設備搬入で一番時間のかかる作業なんです。
水準器と呼ばれる物をプレスに置き、角度を測ることで調整を行っています。
数値で表すと0.02mm!髪の毛の太さよりも少ない数値を調整で出しています。

また、複数のプレス機を並べ、ロボットアームなどが各プレス機を行き来するような設備は、各プレス機の位置関係の微調整をしなければならないため、
大変な作業になります(搬入予定日ギリギリまで苦戦することもあるとか…)

設備搬入の裏側 ↑赤外線を右図の様に、溝の中央に照射させる。溝はプレスに必ずあるため
奥に見えるプレスの位置がズレていた場合、赤外線が溝の中央を通っていない。

芯出し作業が終わったら一次電源等をわが社の設備保全担当で復旧させ、正常な製品を加工できるかどうかのテスト、所謂トライを行います。
実はここでも色々トラブルがあったりなかったりするのですが・・・
今回は話がそれる為割愛します。


・設備の移動ってなんでやるの?
搬入だけでなく既存設備の移動によるレイアウト変更もあります。
模様替えですね。
目的は運搬のムダや、スペースの確保等、作業改善が主になっています。
特に安全面に置いて、段取り作業(金型を変える)や加工の際、やり辛いまま作業をしていればケガに繋がる恐れがあります。最初の頃は安全に気を付けて作業はしますがやはり慣れてくると作業が雑になり、結果的に危険作業になってしまうことがあります。
(僕もヒヤリとしたことがあり…その体験から気をつけるようにしています。)
危険作業をなくすことによって、作業がしやすくなり、結果的に段取り時間等も短くなって・・・と良いことづくめです。
設備移動の費用は安いものではありませんけどね!
それに、設備移動を行う場合はお客さんに申請が必要です。
今までの大変な作業を見てもらえば分かりますが、移動させた設備は「大きな変化点」となります。
製品の品質維持が保証できるかどうか、承認を得なければなりません。


設備搬入・移動の裏側を勉強したときは、純粋に思ってたよりも手間暇が掛かっているんだな、と思いました。
なんでしょう、簡単に考えすぎてました。リフトで直に運んで終わり!みたいなものだとばかり・・・
大なり小なりプレス機を水平に保つ作業なんかはあるんだろうな、とも思ってましたがここまでとは・・・とても新鮮でした。

今後も設備搬入がある際は見学なんかもしてみたいなぁと少し思いました



作業の邪魔にならない範囲で、ですが!


2015年02月02日

校正って知ってますか?

校正って知ってますか? 皆さんこんにちは、今回のブログを担当する山田です。
突然ですが皆さんは校正という言葉をご存知でしょうか?
あまり聞きなれない言葉かと思いますが、会社の中では結構重要な事なので今回のブログで上げさせていただきました。

先ず私の職場ですが主に製品の寸法確認を行っております。要するに製品がお客様の図面規格どおりに出来ているかどうかを判断するお仕事です。

製品の出来栄えを判断すると言いましたが、実際判断するためには製品を測る道具が必要です。
私の職場では製品の形状や大きさによって様々な道具を使用してます。
(ノギス・マイクロメーター・ハイトゲージ・ダイヤルゲージ・etc)

これらの道具を通称として計測器と呼んでいます。
(この場合は測定器の方がしっくりくるような気がしますが・・・・)

さてさてこの計測器、万が一壊れていて正確な数値を示していなかったらどうなるでしょうか?

例えばノギスが+0.1mmずれていた場合、49.9mmの製品は50.0mmとなります。そしてこの製品の寸法規格が 50.1±0.1mm であれば製品の出来栄えは49.9mmにも関わらず良品と判断されてしまうわけです。

この様な問題が起きないように日々使用している計測器の精度の確認・維持すること、これを校正といいます。


要するに使用している計測器が問題ないかどうか確認しているということですね。

実はこの校正作業、弊社では先月行われたばかりでした。 
正直全社内、約300点近い計測器の校正作業においては非常に大変でした(┳Д┳)

しかしここ数年は計測器を取り扱われる方々の意識の向上や、日常点検、2Sによる作業現場の改善によってほとんどの計測器が良い状態を保てるようになってきました。

校正する側としては非常にありがたいことです♪
(計測器に問題がないと確認が楽なのでw)

来年・・・・いやすでに今年ですが、この状態の維持・さらなる向上ができるように2Sと作業改善を進めていきたいです。


2015年01月21日

タケダブログ 第一回 「Webサイト リニューアルです」

どうもこんにちは。工業界に新しく吹く一陣の風、
タケダブログ「プレス、してますか?」です。
今後ともよろしくお願いします。

当ブログはタケダWebサイトのリニューアルに伴い設立されました。
これまであまり全面に出ていなかったWebサイトを一新し、皆様との距離を少しでも縮めたいと思い新たに設置されました。

今回は第一回ということで、どのような人物がこのブログを運営していくのかを紹介したいと思います。


▼それではリーダーの若尾係長から順番に抱負の一言


■営業の若尾です。
本業務を通じて、部署をこえて若手が自らの意志で業務に取り組むことを根付かせたいと考えています。よろしくお願いします


■営業の田鹿です。
社員の仲が良く、居心地のいい会社だという事が伝わる、人間味あふれるWebサイトを作りたいです!\(*^o^*)/


■生産技術の小出です。
会社の技術力、職場の雰囲気が伝えられるようにしていきたいです!(ΦωΦ)


■製造一課二係の梶原です。
単純に面白そうだと思い、希望しました。
製造部では経験できない物があると感じ、また小出くんの推薦もあり参加を決めました!


■品質保証の山田です。
今回はタケダのWebサイトが新しくなるということで運営メンバーに立候補しました。
きっかけは最近マンネリ化している仕事に変化を付けてみようと思ったことです。
この活動を通じて少しでも会社全体の仕事を理解し、いろんな部署の仕事内容を皆さんにも発信できたらいいなと思ってます(^^)


■工機の原田です。
今回栄えある第一回ブログの執筆を任せていただきました。
若尾係長にどうしても「純ちゃん(私です)の力が必要なんだ」と請われてそこまで言うならと参加を決意しましたが、行ってみたらすでに優秀な方がたくさんいたというね(´・ω・`)
皆の勢いに負けないよう頑張ります。


以上6名からなる一部個性的なメンバーで、まず今しばらくはブログ運営を執り行っていきたいと考えております。
どうか暖かい目で見守っていただけたら幸いです。
生暖かい目で見守っていただけたら辛いです。


はいお疲れ様でした!次回更新時もよろしくお願いします!




このページのトップへ

Copyright © Takeda co.ltd.All Rights Reserved.