2015年07月10日

プレスの絞り加工ってどんなの?

プレスの絞り加工ってどんなの? 今回は、板金プレスにおける絞り加工についての基礎を紹介します。

絞り加工とは、パンチ(一般に型の凸側)により鉄板をダイス(一般に型の凹側)に流動させ、継ぎ目なしの中空容器を作る加工です。
図1のように様々な形状品があります。

タケダでは円筒絞り、浅絞りが多く、一部に他の絞り加工があります。

また、製品としては絞り加工だけでなく曲げや孔抜きなどの様々な工法との複合品であることがほとんどです。


型の構造ですが図2のようになります。もちろん殆どの場合がより複雑だったりしますが、シンプルに表現した構造図は上記となります。


---------------------------絞り加工の加工順序----------------------------

プレスの絞り加工ってどんなの? (1) ダイス平面とブランクホルダー面でブランク(加工前材料)をはさみ、特定のしわ押さえ力を加えます。

(2) この状態でパンチが降下するとパンチの先端部に接触したブランクはダイス穴へと押し込まれていきます。

(3) この時、パンチ先端部付近のブランクはパンチ肩半径にならって変形し、最終的にそのまま絞り容器底部の形状を形成することになります。

(4) このような円筒形状品が整形されます。

この様な流れで絞り加工は進んでいきます。

プレスにおいては鉄板が硬い物質ではなく、粘土のように成形されるものとイメージしてもらったほうが分かりやすいかと思います。


浅絞り加工の場合は、絞り加工を途中で止めて製品を作るといった方法を取ります。

図のフランジと呼ばれる帽子でいうツバの部分が必要とされる製品に用いられます。

※浅絞り加工品 

プレスの絞り加工ってどんなの? 色んな形状や加工方法がある絞り加工はなかなか奥が深いですね♪

今後の機会では段階的に、より詳しい説明を掲載したいと思います。



2015年02月02日

校正って知ってますか?

校正って知ってますか? 皆さんこんにちは、今回のブログを担当する山田です。
突然ですが皆さんは校正という言葉をご存知でしょうか?
あまり聞きなれない言葉かと思いますが、会社の中では結構重要な事なので今回のブログで上げさせていただきました。

先ず私の職場ですが主に製品の寸法確認を行っております。要するに製品がお客様の図面規格どおりに出来ているかどうかを判断するお仕事です。

製品の出来栄えを判断すると言いましたが、実際判断するためには製品を測る道具が必要です。
私の職場では製品の形状や大きさによって様々な道具を使用してます。
(ノギス・マイクロメーター・ハイトゲージ・ダイヤルゲージ・etc)

これらの道具を通称として計測器と呼んでいます。
(この場合は測定器の方がしっくりくるような気がしますが・・・・)

さてさてこの計測器、万が一壊れていて正確な数値を示していなかったらどうなるでしょうか?

例えばノギスが+0.1mmずれていた場合、49.9mmの製品は50.0mmとなります。そしてこの製品の寸法規格が 50.1±0.1mm であれば製品の出来栄えは49.9mmにも関わらず良品と判断されてしまうわけです。

この様な問題が起きないように日々使用している計測器の精度の確認・維持すること、これを校正といいます。


要するに使用している計測器が問題ないかどうか確認しているということですね。

実はこの校正作業、弊社では先月行われたばかりでした。 
正直全社内、約300点近い計測器の校正作業においては非常に大変でした(┳Д┳)

しかしここ数年は計測器を取り扱われる方々の意識の向上や、日常点検、2Sによる作業現場の改善によってほとんどの計測器が良い状態を保てるようになってきました。

校正する側としては非常にありがたいことです♪
(計測器に問題がないと確認が楽なのでw)

来年・・・・いやすでに今年ですが、この状態の維持・さらなる向上ができるように2Sと作業改善を進めていきたいです。




このページのトップへ

Copyright © Takeda co.ltd.All Rights Reserved.