2015年12月15日

輸出のこと

今年も早いもので12月、師走となりました。

皆さんも年末に向けてのお仕事になりつつある頃でしょうか。


今回は輸出のことを簡単にお話ししようと思います。

弊社ではタイ工場向けに金型や試作製品の輸出があります。

まだタイ工場設立から数年なので勉強中であり、簡単にしかご説明できませんが…。



タケダからタイ工場へ輸出のお話


輸出のこと

画像:フリー写真素材ぱくたそ




会社としても新しい仕事である弊社タイ向け、輸出関係の業務も私が一部やらせてもらっていますが、日々勉強しながら何とかこなしているというのが実状です。

会社としても輸出は初めてですので、何かと新しい知識が必要になります。

手配するにも、宅配便や郵便よりも多くの書類や手続きが必要となる上に、基本言語となる英語が不得意な私は苦労しています・・・。

また国をまたぐビジネスとなると法や条約によって密輸などに対する防止策も厳重になっております。

品物の内訳など詳細についても書類で明確になってないといけません。



関税もかかります。プレス加工製品であれば少額ですが、金型となると高額に。

一例としては400万円の金型なら10%、40万円の関税がかかってきます。

※パーセンテージは商品の種類と輸出入の国家間ごとで異なります。


ただ国家間では経済活性化のために条約が結ばれており、関税を減税することができたりもします。

ニュースで話題のTPPもその一種ですね。

はじめのころ特に苦労したのは、この減税するための申請手続きでした。



EPAによる免税処置。

輸出のこと

画像:フリー写真素材ぱくたそ



EPAとは 経済連携協定(Economic Partnership Agreement)の事で、主にアジア各国と日本の間で国ごとに結ばれています。

弊社はタイ向けのEPAにのっとり、減税処置の申請と手続きを行うわけです。


日タイ間の一部プレス金型を例に取れば10%から無税にできる条約が結ばれています。(あくまで一例であり、詳細は省きます。)

EPAの適用には「特定原産地証明」が必要になります。こちらは、商品が弊社(国内)で製造したものだと証明する書状で、商工会議所に申請し承認がもらえれば発給できます。

申請のために「HSコード」(国際的に商品のカテゴライズを行うための番号)を勉強したり、関税の事を調べたり、初めてのことばかりで理解するまでに時間がかかりました。

他社さんで輸出経験のある担当の方にお話を伺ったり、名古屋商工会議所で教えていただいたり、JETROのセミナーに出たりもしているうちに、どうにか申請を通すことは出来たというところです。

一度申請が通れば同類の製品に関しては比較的単純な手続きで免税処置が取れますので、今ではルーチンワーク化できつつあります。

輸出自体も輸出業者さんから丁寧に教えていただきながらお願いできていますのでスムーズに行え一安心。


とはいえ、私自身はまだまだ勉強不足な分野ですので都度、勉強中です。

新しい分野だけに興味が湧きますので充実しております。





■参考サイト
日本商工会議所 わが国のEPA全般について




このページのトップへ

Copyright © Takeda co.ltd.All Rights Reserved.