タケダのモノづくり

  1. トップページ
  2. 業務案内
  3. タケダのモノづくり

タケダのモノづくりには、
職人から受け継いだ変革を恐れない精神がある。

タケダの職人は無理難題を断らず、課題達成を実現する技術開発力を培ってきました。
専門性を高め、お客様からの要望へ、柔軟な対応を実現するため、
「タケダのモノづくり」は日々進化を遂げています。

設計・開発について

タケダでは金型設計-プレス加工-組み立てまで一貫生産を行っております。
ここでは一部製品についてご紹介します。

  • 打ち抜き・ダレなし抜き
    打ち抜き・ダレなし抜き
  • 曲げ・絞り・バルジ
    曲げ・絞り・バルジ
  • シェービング
    シェービング
  • アッセンブリ
    アッセンブリ

タケダの技術 タケダのファインシェービング技術

シェービングとは、打ち抜き面のダレや破断面を抜き落とし、加工面(せん断面)の平滑度とせん断長さを向上させる加工方法である。ファインシェービングは通常のシェービングに比べより良い平滑度とせん断長さを実現する加工方法となる。

シェービング面を拘束し、ダイス上面との隙間で加工の進行によって生じるスクラップの流れをコントロールして仕上げ面を求める。加工の初期は押し出し現象であり、加工終了時押し出し荷重とのバランスが変化した時点(シェービング代の3~5倍)で剪断加工に変わり終了する。一般プレスにて加工するのでファインブランキングと比較して材料の歩留り及び加工タクトの向上を実現しつつ、同レベルの加工面が見込める。

お問い合わせ・見積請求

金型設計-プレス加工-組み立てに関するご相談などお気軽にご相談ください。

本社
  • タケダ通信
  • タケダに潜入!
  • タイ工場のご紹介
  • ティーセット株式会社

このページのトップへ